遊成オンライン学習(YOL)では講師の一般募集はしておらず、優秀な講師からの紹介でしか採用をしていません。

現在のところ、大阪大学の大学生講師が中心になっています。

熱意ある先生たち

教育が上手くいくかどうかは先生の力にかかっています。

どんなに良い授業システムやテキストでも、先生が力不足なら効果は発揮できません。質の高い教育には質のいい先生が必要不可欠なのです。

遊成オンライン学習(YOL)では、先生の質に最もこだわっています。なぜなら、それが授業の質に直接関係してくることを知っているからです。

YOLの講師への3つのこだわり

  1. 厳選した秀逸な講師たち
  2. 講師たちの指導法を蓄積
  3. 大学生講師の特権

こだわり1. 厳選した秀逸な講師たち

YOLは、高学歴な大学生から、教育に対して熱い想いを持つ講師たちを厳選しています。上位大学は、将来社会を担っていく人材の宝庫です。その中から選りすぐった大学生が、YOLの講師たちなのです。

正直に言うと、講師料は一切ケチっていません。つまり、皆様が支払う授業料の多くを講師に支払う形にしています。その結果、

  • 優秀な大学生の中からさらに厳選できる
  • その講師たちが労力を惜しまない

という環境を作ることに成功しています。

こだわり2. 講師たちの指導法を蓄積

優秀な講師のノウハウを蓄積していくシステムを導入しています。そのため、ベテラン講師が多くの経験から作り上げた指導法を、若手講師が利用することができます。

大学生講師の最大の欠点は、長期に渡って生徒を支えることができないことです。理由は至ってシンプルで、大学生は卒業をしてしまうためです。

この点を若手講師は補うことができます。なぜなら、理系の大学1年生なら、最長で修士2年生までの6年間も指導に携わることができるからです。

受験までの数年間をじっくり指導してもらいたいなら、ベテラン講師の指導法で武装した若手講師はかなりオススメなのです!

こだわり3. 大学生講師の特権

学校や塾の先生は、どれだけ若くても子どもからすると「先生」です。けれども、たとえ立場が先生であっても、大学生は子どもたちの中では「お兄さん、お姉さん」という扱いになります。

このことは、指導をしていく上で、大きな利点になることがよくあります。

大学生の話は、生徒たちにとっては「将来の自分からの声」に聞こえるようです。いくら親や学校・塾の先生が「このままではやばいよ」と言っても知らんぷりなのに、大学生が言うと心に響いて突然変わったりします。

大学生の生の声は、受験ではモチベーションのアップにつながったりもします。些細な事かもしれませんが、意外と侮ることができない効果だと思っています。