オンラインで学習というと色々なイメージがあります。ここでは「遊成オンライン学習」とはどういうものかをご説明します。

遊成オンライン学習YOLとは

遊成オンライン学習YOL(Yusei Online Learning)は、自宅で受講可能なオンライン学習システムです。

YOLには次の3つの特徴があります。

特徴1. ライブの指導

YOLでは、動画配信や学習アプリを用いた、先生から生徒への一方通行の授業とは異なり、生徒一人一人に合わせた指導を双方向性のあるライブ形式で行います。

ビデオ通話とデジタルノートを用いたマンツーマンの個別指導なので、隣に先生がいるかのような学習ができます。

YOLの授業形式

1対1でのライブ指導
動画による配信型の授業
アプリによる学習

つまり、YOLは自宅で1対1の個別指導を受けることができるシステムということです。

特徴2. いわば「オンライン家庭教師」

自宅で1対1の完全個別の指導を受講できるYOLは、まさしく「オンライン家庭教師」とも言えます。

家庭教師の特徴は、

  • 自宅で授業を受けることができる
  • 1対1の完全個別指導
  • 生徒に合わせた学習内容、進度や難易度

というものですが、ぴったりYOLの特徴と共通しています。

異なる点を挙げるとしたら、YOLはタブレットもしくはパソコンの画面越しでの授業ということです。けれども、ぜひ体験授業を受けてください。画面越しでの授業に違和感を覚えることはまずないと思います。

特徴3. 学習塾のノウハウ

いわゆる家庭教師には次の問題点がよく挙げられます。

家庭教師の問題点

  • 先生の当たりはずれがある
  • 蓄積されたノウハウのようなものがない

YOLでは、学習塾とコラボすることでこの問題点を解決しています。

学習塾のノウハウを先生らが共有することで、一定の指導レベルを保ち、また各先生の力をより引き出せるようになっています。

加えて、このオンライン学習によって得られたノウハウも、蓄積していけるシステムになっています。つまり、常に進化してよりよい授業・指導を提供できるのです。

これは、間に学習塾が入っている点と、もう一つ、デジタルノートを用いることによって可能にしています。

デジタルノートの特徴

YOLでは、「デジタルノート」で授業を行っていきます。

「デジタルノート」とは、タブレットもしくはパソコン上で先生と生徒が共有できる学習用ノートで、次の4つの特徴があります。

  1. ノート画面の同期
  2. クラウドで保存・共有
  3. 指導のノウハウの蓄積
  4. 講師間の情報交換

特徴1. ノート画面の同期

先生と生徒のノート画面を同期することで、タイムラグがなく、ストレスフリーな授業を受けることができます。

  • 生徒が書いた解答がタイムラグなしで先生の画面に
  • 先生が書いた解説がタイムラグなしで生徒の画面に

手や体に邪魔をされずに、先生が書いたものを直接見ることができるので、リアルの家庭教師の授業より見やすいと感じる受講生もいるほどです。

特徴2. クラウドで保存・共有

デジタルノートはクラウド上で授業データを扱うため、データが消えてしまう危険性がありません。たとえタブレットやパソコンが壊れても、授業データは保存されているので安心できます。

また、受講している限り、過去の授業データをさかのぼって閲覧することができます。PDF形式へのデータ変換もできますので、オフラインでの閲覧も可能になっています。

特徴3. 指導のノウハウの蓄積

家庭教師との大きな違いは、各先生の授業データがクラウド上に蓄積されていくことです。そのおかげで、同じ単元を別の先生が授業するときに、過去の指導内容を踏まえることができ、よりよい授業を行うことができます。

*授業内の音声など、受講生に関する個人情報を含むデータは蓄積・共有はされません。

特徴4. 講師間の情報交換

加えて、各先生とプロ講師が情報交換できる場をデジタルノート内に設けています。先生が一人で悩みを抱えることを回避し、多くの先生と問題を解決できるような仕組みを導入しています。オンラインで各先生・プロ講師がつながっているからこそ可能な仕組みです。